「あ・うんの博多ぬくぬく家」名物餃子鍋と博多の旨いもん


鍋の季節でございます。

仲間とカセットコンロを囲んでわいわい…もいいけれど
ちょっと変わった鍋を(お手頃価格で)堪能したいならコチラ。

ふぐやあんこうもおいしいけど、そう頻繁に食べられるものでもないしね。

この店は、博多の繁盛居酒屋が昨年夏、東京に初進出したお店。
本店は「居酒屋甲子園」という居酒屋業界を盛り上げるイベントにも出ているモチベーションの高いお店。

この「居酒屋甲子園」は年々盛り上がりを見せていて、これに参加している店はなかなか接客も頑張っているので、店選びの基準にもなる。
接客が悪い店って、おいしくても気分が悪くなっちゃうからできれば避けたいところ。
近年増えてる「居酒屋のハイテンション朝礼」「居酒屋でお誕生日イベント」なども盛んな店が多い。こちらは好き嫌いが分かれるけども。

看板メニューは、「餃子鍋」と「九州各地の旨いもの」。
九州名物は、「もつ鍋」「明太子」「馬刺し」「がめ煮」「刺身」などなど。

まずはお通し。

こんな風に、6種類が出される。オンナのコ的にはとても好み。

「馬刺し盛り合わせ」。大皿で1980円。

そういえば、昨年あたり馬肉が流行ったなあとしみじみ。
4種類の部位が入る。馬刺しといえば赤身しか知らなかった友人は興味深々。

「餃子鍋」は、一人前980円とお手頃価格なのが嬉しい。さすが博多。
10時間煮込んだ鶏の白湯スープが定番だけど、今回は「黒」バージョンで。
マー油の入ったスープに、にんにくがたっぷり。
こってり系にもちもち餃子。旨いんだけど、けっこうお腹にたまります。

もつ鍋はシンプルに醤油味で。他に味噌味もあり。こちらは一人前1280円。

きれいなピンク色のもつ。
コクのあるスープ。他のもつ鍋専門店よりインパクトはないけれど、普通においしい。

しめはもつ鍋のスープに、チーズ入りの洋風リゾットで。
ふんわりといい香り。
お酒の後には、ちゃんぽん麺のほうがするりと入るかな。

そして最後のサプライズ。
なんと帰りがけにかしわ飯のおにぎりをくれるのです。しかも一人1個ずつ。
アルミホイルに包まれた手作り感があったかい感じ。
家でお茶漬けにしても、翌日の朝ごはんにしてもいいですね。

居酒屋の忘年会ってどこも似たような料理で…という方、おすすめです。

本日もランキングお願いします。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309

「あ・うんの博多ぬくぬく家」
渋谷区円山町20-1 新大宗円山ビル1F
03-5728-3335
月~木・土 18:00~01:00(L.O.24:00) 
金     18:00~04:00(L.O.03:00) 
祝日    18:00~24:00(L.O.23:00) 日曜定休

ぐるなび

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る