「おでって」地方名物料理シリーズⅡ

0051513d.JPG

高級店じゃない、いわゆるB級グルメも大好き。

特に、名古屋のあんかけスパとか、長崎のちゃんぽんとか
いわゆる地方の名物料理には、特に惹かれるものがある。

そこでこれ。盛岡名物「じゃじゃ麺」。

盛岡というと冷麺やわんこそばが有名だけど、実はこれも立派な名物料理。
しかも、やみつきになる独特のおいしさがあるのです。

のびたような平打ちのうどんに、黒っぽい物体ときゅうりとネギがのっていて
正直、ビジュアル的にはおいしそうなオーラはゼロ。
だってこの大量のうどんを、この黒っぽい物体(しかも少量)で食べるの?って思うでしょ。

この黒っぽい物体の正体は、実は肉味噌。
椎茸やらゴマやら色々入っているらしいが、作り方は不明。
しかしこの肉味噌こそが、じゃじゃ麺屋の味を決める重要な要素。
私も家で作ろうとしましたが、この味は出せませんでした…。
大抵のじゃじゃ麺屋には卓上にこの肉味噌が置いてあるので、自由に入れて食べられる。

食べ方としては、
まず肉味噌と麺、きゅうりとネギをぐちゃぐちゃにかきまぜ
お好みでにんにくやラー油、酢を加えて味を調える。そして、一気にかきこむ。
私は肉味噌多め、ラー油多め、にんにく少々がベスト。

そして、麺を食べ終わった皿に肉味噌を残しておき
生卵を割り入れてかき混ぜ、そこに麺のゆで汁を注いでもらう。これが「チータンタン」、通称「チータン」。
うすい卵スープのような味なんだけど、ここまで食べるのが、現地では普通なんだとか。
ちなみに私はあまり好きではありません…。スープなくてもお腹いっぱい。

そんな盛岡名物の専門店は、たったの2軒!
しかもなぜか2軒とも三軒茶屋付近。

以前からあった「じゃじゃおいけん」は、雑誌にも登場多数の有名店ですが
今年新しくできたのがここ「おでって」。
場所は三茶と駒澤の間くらい。

じゃじゃ麺の売りにボリューム感というのがあって
麺だけで相当な量があるのにするりと食べられちゃうと言うのが魅力なんだけど
「じゃじゃおいけん」は洗練された東京スタイルなので、量も控えめ。
そして肉味噌の味も上品。

対して「おでって」は、量も肉味噌の味も本場に近い。

私も最初に食べた時は「?」という感じだったけど
なぜかまた食べたくなる。
そして見事にはまり、いまではいわて銀河プラザまで買いにいく始末。

地元での人気店は「香醤」と「白龍」。
もちろんどちらも食べました。私は「白龍」のがパンチがあって好き。

食べたことない人には、未知の味。ぜひお試しあれ!!

本日もランキングお願いします。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309

「おでって」
世田谷区野沢2-34-2
03-3487-4848
11:00~15:00  18:00~22:00 月曜定休

こんなサイトも参考になりますよ。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る