「おにやんま」東京で讃岐に近い場所

フードライターrieの食日記
うどん星人のオットが見つけてきた「おにやんま」さん
御徒町の讃岐うどん店「かがり火」出身のご主人が、2010年4月にオープン。

店舗は五反田駅の目の前にあり、食券制の立ち食いスタイル。
食券を買うと自動的になかに注文が通るシステムで、すぐにうどんが出てきます。

フードライターrieの食日記
おすすめは「鶏天ぶっかけ」。小ぶりな鶏の天ぷらが3個のってて、女性も食べやすいサイズが嬉しいです。
これで380円は格安!!
天ぷらがたくさんのった「天ぷらぶっかけ」でも430円です。

フードライターrieの食日記
オットは「きつねぶっかけ」350円に、卵の天ぷら50円を追加。

讃岐で食べ歩きをしてきたオットいわく、「都内で食べるなら最も讃岐に近い」そう。
「讃岐うどんは、シコシコではなくプリップリという表現が正しい」と言っていましたが、ここといい、「恩家」さんといい、単にコシが強いだけの麺ではなく、するするといくらでも食べられてしまいそうな食感でした。

来月は念願の讃岐うどんツアー。
今から楽しみですラブラブ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る