「とろわふれーる」2代目シェフの個性がキラリ☆


先月号の横浜ウォーカーで取材させていただいた、藤沢の「とろわふれーる」さん。

お父さんのケーキ屋さんを継いだ2代目シェフは、フランス菓子の名店「パティスリーフジウ」などで修業。


父の味を守りつつ、本格的なフランス菓子も取り入れて新しい味作りにも挑戦しています。


フランスらしいヴィエノワズリも充実!


ショーソンオポンムは3日もつということなので、おやつにお買い上げ。


創業からの人気商品「クバルク」は、さくさくのタルトの上に、とろけるようなレアチーズケーキ。

とろりとした食感に仕上げるため、高温短時間でさっと火を入れているそう。
チーズの酸味もしっかり残っていて、とってもおいしい!

チーズケーキって甘みと酸味のバランスが大事だと思うのですが、このクバルクはチーズ感が強いので、チーズ好きにはたまらない1品。


もう1品、感動的なおいしさだったのがこのフレンチカステラ。
いわゆるパティスリーが作る洋風カステラなのですが、ふわふわ、もっちりとした独特の食感が素晴らしい。

素材の味の残し方も絶妙で、これを食べるとオーソドックスなカステラが卵臭く感じるほど。


こんな遊び心溢れる商品も。

近所にあったら間違いなく通います。

いや、かなり遠いけどここはぜひまた来たい…ラブ

藤沢の隠れた名店ですキラキラ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る