「ほん田@東京駅」ラーメン三昧…

「自家製麺 ばくばく」さんに続きましては、東京駅にあるラーメンストリートの「ほん田」さんへ。
東十条の本店とは異なる味づくりをされているとのことで、10分ほど並んで来店。

メニューを見ると、東京駅という立地を考慮されてか、あっさり系が主体なんですね。
醤油味の「鶏と魚介の豊潤醤油ラーメン」と、塩味の「鶏と魚介の豊潤塩ラーメン」をひとつずつ注文しました。

フードライターrieの食日記
まずは醤油!
見た目通りあっさりしてますが、動物系のこくもしっかり。
本店の「香味鶏だしらーめん」もおいしいけど、こちらは香味油がないぶんよりあっさり感じます。
オーソドックスで洗練された醤油味ですね。

フードライターrieの食日記

続いて塩。
本店でも人気の塩ですが、こちらはミニトマトがのったり、わさびが添えてあったりという変化球が。
塩でおいしいラーメンを作るのって本当に難しいと思うのですが、こちらの塩はかなり完成度が高いです。評判にたがわぬおいしさラブラブ

特徴的だったのは麺で、こういうすっきり系だとしなやかな細麺が主流のなか、こちらは歯ごたえのしっかりした細麺でした。
のびにくくてよいのですが、もう少しやさしい印象の麺のほうがスープに合っているかも…と思ったり。
このへんは、個人的な好みですけどねあせる

とはいえ、1種類のラーメンを美味しく作るのさえ難しいのに、塩、醤油、つけ麺すべてで高いクオリティを誇るのは、さすが若き天才と呼ばれる店主のセンスのよさを感じます。
取材したのが2年前だから、今はさらに進化しているんだろうなぁ…。
こういうお店に出会うと、取材意欲もかきたてられます。

ちなみに今日もラーメンの取材。
久方ぶりの3日連続ラーメンは、なかなかきついです…ガーン

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る