「アシエンダ デル シエロ」やっぱり使い勝手がいい!

リゴレットなどヒット業態を多数手がけるHUGEさんの、2011年を代表する繁盛店といえばこの「アシエンダ デル シエロ」。
メキシコ料理業態がじわじわ来るきっかけともなったお店で、連日大繁盛です。

HUGEさんの最大の魅力は、やはり「この空間で、この価格!」という満足感に尽きると思う。
300円、500円の小皿料理は、メキシカンでも健在。
フローズンマルガリータやモヒートカクテルなど、飲みやすいアルコールが豊富なのは、女性に嬉しいですね。

料理の味は全体的に、本格的なメキシカンというよりはライトで食べやすい味わい。
ずば抜けてウマイ!というわけではないけれど、どれもバランスよく、コストパフォーマンスの高さはやっぱりすごいと感じます。

フードライターrieの食日記
この日は2軒目なので、フードはかなり控えめ。
山盛りポテトは500円。
サラダは2サイズから選べるのがうれしい。

フードライターrieの食日記
煮込みチキンとハラペーニョのエンチラーダ。
ハラペーニョのスライスがゴロゴロ入って、ダイレクトな辛味。
もう少しソースがたっぷりで、全体にかかっているほうが好みだなぁ。

フードライターrieの食日記

1軒目でパスタを我慢したからか、ついご飯ものに走ってしまった。
ビーフジャンバラヤも、スパイスはわりとひかえめ。

フードライターrieの食日記
デザートまでしっかりいただきました。
モンブランタルトはどっしり濃厚。

フードライターrieの食日記

飲食店が小箱化するなか、3~6人のグループで行ける規模で、居心地がよくメニューも豊富な店って、実は見つけるのが結構難しい。
そういうとき、リゴレットさん含めHUGEさんのお店は誰を連れて行ってもハズレがなく、本当に便利なのです。
もしかしたら、穴場のマーケットなのかもしれませんね。

忘年会も残りわずか。
胃の調子を整えて臨みましょう!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る