「アヂト」実力派隠れ家カフェ

尊敬する川口葉子さんの「カフェはネコのようなもの」との言葉通り、取材をしていても、オープンほどなくして閉店するカフェがたくさんあることを痛感します。

10年続くカフェって、いったいどれだけあるんでしょうか??

駒澤大学の人気カフェ「アヂト」さんは、ご飯とスイーツのおいしいカフェとして知られています。
オープンは2002年10月。カフェのなかでは、古株と言えるでしょうか。

オーナーさんをはじめ、関西出身のスタッフがつくる遊び心たっぷりのメニュー、つかず離れずの接客は、とても心地よい空間を提供してくれます。

ご飯もとてもおいしいですが、今回はスイーツのご紹介。
どれもボリュームたっぷりなのは、太っ腹なオーナーさんの心意気が嬉しくなります。

以前から「アヂトさんでパフェが食べたい!」と思っていたら、新商品として開発されたのがこちら。

フードライターrieの食日記
スパイスケーキの上に塩バニラ、塩キャラメル、バニラ、バナナの4種のアイスクリームのゴージャスな仕立て。
フランベしたバナナ入りのキャラメルソースを添えて提供され、アツアツのソースをかけて味の変化も楽しませる趣向。
さすがアヂトさん、一筋縄ではいかない凝った味づくりです!
味噌を加えた焦がしキャラメルソースが独特の味わい。中には、ライスパフやバナナチップなども入っていて、多彩な食感が楽しいです。

フードライターrieの食日記
そして私がハマったのが、こちらの枝豆プリン。
こんなに枝豆を使ったプリンが600円は、正直お値打ち!
プリントいうよりお豆腐に近いような、あっさりした味わいです。
右は、季節替わりのくずもち。

フードライターrieの食日記

そしてドリンクのおすすめは、ミックスヂュース。
黄桃やミカンなどの缶詰をミキサーにかけて凍らせてシャーベット状にし、注文ごとに牛乳やバナナと合わせるといった手間をかけた1品。
まったり、とろりとした口当たりが超リッチ!

フードライターrieの食日記

8周年記念のアヂトートは、お買い物に大活躍。

家庭的ながらも独自のエッセンスをしっかりきかせたメニューが、お店の個性につながっているのですね。
開店以来続いているメニューが多いのも、「また食べたい!」と思わせる味だからでしょうね。

これからもずっと駒沢の顔であり続けてほしい、大好きなお店の一つです。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る