「アユンテラス」インドネシアのカレーとは

エスニック気分な渋谷ランチで選んだのは、桜ヶ丘にある「アユンテラス」さん。
インドネシア料理の専門店です。

インドネシア料理もマレーシア料理と同様、タイ料理やベトナム料理に比べると知名度は低くて専門店も少ないように感じるのですが…サテ(串焼き)やナシゴレンが有名な代表料理でしょうか。
辛味を抑えた料理が多く、日本人にも食べやすい味わいが特徴です。

こちらのお店は、バリ島出身のシェフがお料理を手がけているそうで、日本人向けの洗練された味わい。
バリ風の内装がオシャレで、少し高めの価格設定なのもあって落ち着いて食事ができるお店です。

平日ランチは850円~なのですが、単品か1300円~とチョット高めなのがザンネンなところ。
私は1300円のスマトラカレーセットを、オットは単品でナシゴレンを注文。

フードライターrieの食日記
セットに付くサラダは、茹で野菜をピーナッツバターベースのソースで和えたガドガドサラダ。
こういう味、男性は苦手なようですが…アジア風ゴマ和えのようで私は好き。
こってり濃厚なんだけど、上品な味わいです。

フードライターrieの食日記

スマトラ風カレーはおどろくほどマイルドで、インド風のスパイシーさを求める方には物足りないかも。
スマトラ風というと神保町の「共栄堂」を思い浮かべますが、対局にあるカレーと言ってもよいほど。
(あちらは創作なので、こちらのタイプが現地風なんだと思いますが…)
ココナッツミルクの甘みがきいていて、重くなくさらさらっと食べられます。

フードライターrieの食日記
オット注文のナシゴレン。
パラパラ感がお見事で、おいしかった!

フードライターrieの食日記
食後はバリコーヒー。
フィルターを使う日本の淹れ方とは異なり、カップに粉を入れてお湯を注ぐため、上澄みを飲みます。
ざらざらとした舌触りは、好みが分かれるところ。
同じインドネシアでも、バリ島以外は飲み方が異なるようです。

ちなみにインドネシア料理にも「サンバル」は付き物ですが、マレーシアとはまた違った作り方なのも面白いところ。

アジア・エスニック料理って、まだまだ奥が深いです。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る