「エクラデジュール」個性溢れるフランス菓子の注目店

2014年オープンのパティスリーで、印象的だったのが、東陽町の「エクラデジュール」。

オーナーシェフの中山さんは、ホテル日航東京など国内でキャリアを積んだ後、渡仏。

帰国後は、京橋「ルエールサンク」のシェフとして活躍し、地元である東陽町で独立を果たしました。

サラリーマンの街という印象のある東陽町ですが、しっかりとリピーターもつき、すでに人気店となっています。


ショーケースは取材時のものなので今とは変わっていると思いますが、美しいケーキがズラリと並ぶ様にうっとり。


クラシカルな伝統菓子をベースとしながら、新しさも感じさせる個性的なケーキが並びます。


エクレアの表情も、艶やか。

全体的に色づかいが鮮やかなのも、フランス菓子らしい印象です。


とりわけ評判なのは、こちらのタルト類。

中でもミルティーユのタルトは、そのみずみずしい食感に驚きました。

ザクッと香ばしい生地の美味しさもさることながら、溢れ出るブルーベリーのジューシー感!

他のタルトもぜひ食べてみたい!


シンプルなサバランと、対照的にモダンな仕立てのショートケーキ。

あえて空気を入れて重ねることで、ふわっと食べられる軽さを出しているそう。

ショートケーキは、土地柄に合わせてシンプルな三角ショートも用意しています。

ティラミスもおしゃれ。

ザクザク香ばしいクランブルはコーヒー風味で、作り方を聞きたいほどおいしかった。

ちなみに店内には6席ですがイートインスペースもあるので、遠方からの来店も安心。

2年目を迎え、ますます個性に磨きがかかっている注目店です。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る