フードライターrieの食日記2nd

20代で独立して10余年。2児のママでもあるフードライターの食遊日記

スイーツ

「エクラデジュール」職人と商売人としてのセンスに触れる

投稿日:2020年12月5日 更新日:

久しぶりに東陽町の「エクラデジュール」さんで取材。相変わらず開店直後からお客さんが途切れない繁盛店。この日はパティシエの働き方、チームの作り方についてお聞きしました。

中山さんのタルトは美味しい。ミュールやブルーベリーのシンプルなタルトなんだけど、びっくりするほど果実のみずみずしさを感じる。タルトが重すぎないのもいい。

手前は、明治の製菓用チョコレート「ザプロフェッショナルズ」の「スパイシーフルーツ」を使ったムースショコラ。仕事柄、ケーキの断面を見ると、どんなふうにこのお菓子を食べさせたいか、口の中でどんな流れで味を感じるのか、シェフの頭の中の設計図が見えてくるようで楽しい。

バゲットまで焼いてるほどパンも種類豊富。シェフの実家がパン屋さんだけあって、パンの美味しさもすごい。

久しぶりのエクラマドレーヌ。オレンジがきいててしっとり。

これだけの商品を、クオリティ保って、8時間労働で仕上げるには何人の手が必要なんだろうか…。働き方改革は大事だけど、パティスリーにとっては至難の時代。中山シェフは、職人と商売人、どちらの才能もずば抜けているんだなと感じました。

Sponsored Link

-スイーツ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アングランパの素敵焼き菓子

近所のお友達から帰省土産にいただいた、アングランパの焼き菓子。 私の好みを察して、さらりとこういうセンスのよいお土産を買ってきてくれるところが素敵。 さいたま新都心、なかなか行けないのでとても嬉しかっ …

「野口製菓」どら焼きが絶品!房総の小さな和菓子店

富津公園から車で5分ほどの「野口製菓」。 創業は、1943年。 現在はご兄弟が跡を継ぎ、2013年にリニューアルして営業しています。 ここのどら焼きは本当に美味しくて、実家の手土産の定番。都内の有名店 …

「ヨロイヅカEC」スプーンで食べるチョコスイーツ!ソフティショコラ

「トシ・ヨロイヅカ」の恵比寿店が、昨年末、ショコラの専門店にリニューアル。店名も新たに再スタートしています。 看板商品は、恵比寿限定のソフティショコラ。 20種類ほどあり、ショーケースでも目を引きます …

「アンビグラム」鎌倉ティータイム

鎌倉での取材終わり、久しぶりにアンビグラムへ。 ピスタチオとグリオットのサントノーレと、ハーブティーをいただく。 ここは、シェフこだわりの中国茶やハーブティーもおいているので、お茶も楽しめるのが嬉しい …

「パーラーシシド」フルーツごろごろ!世田谷土産としても人気のフルーツサンド

下高井戸駅前の果物専門店「パーラーシシド」。 2017年春にリニューアルし、フルーツサンドやフルーツパフェを食べられるイートインスペースができました。 訪れた日は、残念ながらイートインが急なお休みだっ …