「キールズバーハウス青葉台」ビール、料理ともハイクオリティ!

最近クラフトビールのお店ばかり取材していましたが、中でもビールの品質への徹底したこだわりに感銘を受けたのがここ「キールズバーハウス青葉台」さん。

フードライターrieの食日記
新橋の人気店「新橋ドライドック」の姉妹店とあって、船をテーマにした内装もオシャレ!!
写真のカウンター席のほか、ロフトやソファの個室もあって、グループやファミリー層でも利用しやすいのがいいですね。

取材はオーナー自ら対応してくださったのですが、ビールの知識の深さが物凄い!
例えば、「日本人がビール1杯を飲みほす速度は、平均●分で海外よりも長い」とか、「特注のサーバーは口径●ミリで、注ぎ出しの速度を速くしている」などなど、「もっと教えて~」とずっと聞きたくなってしまうほど。
こちらがフードライターを名乗るのが恥ずかしいくらいでした。

カウンターに立つ宮澤さんも、ビールへのこだわりは半端ない。
ピカピカのカウンターにもその心意気が現れていますが、ビックリしたのはグラスの洗浄の仕方。
一度洗ったものを、営業直前にまた洗い直すんですね。しかも専用のタンクと洗浄ブラシまで…。
そしてビールの提供温度に合わせ、常温のものと氷水で冷やしたものの2種をスタンバイ。
今まで取材した中で、ここまで気を配っているのは初めてかも!というくらいでした。

フードライターrieの食日記
もちろん、料理もおいしいのです!
こちらにはフレンチ出身の料理長と、イタリアン出身のシェフがいて、それぞれ得意分野を生かしながらお料理を作っています。
フードライターrieの食日記
なので、こんなお魚のポワレがあるかと思えば…。

フードライターrieの食日記
パテの入ったイタリア前菜の盛り合わせもあり。
これで1000円はウレシイ。

フードライターrieの食日記

もちろん、銀座時代からの名物フライドチキンなど、ビールに合う定番のつまみもあります。

ビールは、「アサヒスーパードライを日本一おいしく出す」をモットーに、種類よりも品質にこだわっているため10種をきるくらいですが、そのつどゲストビールが入れ替わるのがうれしい。

フードライターrieの食日記
デザートまで付くランチはもっとお得!これで昼からビールなんて、青葉台住民は幸せだな~。

ほかにも今回の本で取材したお店は、どこも通いたい素敵なお店ばかり!
本が出来上がるのも楽しみですラブラブ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る