「クラフトヘッズ」アメリカンビール&バーボン

今年のトレンドのひとつ「クラフトビール」市場。
まだ東京からじわじわ…という状況ですが、個性的なお店が次々登場していて、取材対象に困らないほど。

フードライターrieの食日記

そんなうちの1店が、渋谷・神南エリアにある「クラフトヘッズ」さん。
アメリカ主体のクラフトビールと、バーボンが豊富に揃うお店です。

フードライターrieの食日記
内装はカフェ風で、女性一人でも入りやすい雰囲気。
キャッシュオンデリバリーなので、気軽に使えるのも利点です。

フードライターrieの食日記
カウンターにはビールのタップが並んでいます。常時15種くらいは樽生があるようで、アメリカのIPAが中心。
IPAとは「インディア・ペールエール」の略で、一言で言うとホップの苦みがきいていて、度数の高いビールのこと。
もとはイギリス生まれのビールですが、現在はイギリスとアメリカの2スタイルが主流です。

こちらのお店は、オーナーさんがアメリカ人ということもあり、独自輸入のビールもたくさん。
私は飲みやすいグレープフルーツ風味のビールをSサイズでいただきました(名前失念…あせる)。
さわやかで軽く、ぐびぐびっと飲んでしまいそうになるおいしさ!

フードライターrieの食日記
フードは20品ほどで、アメリカンテイストが多いかな。

フードライターrieの食日記
ハンバーガーが気になったけど、2軒目もあるので…自家製チャーシューとあさり味噌ディップのお野菜を。
一昔前に比べて、ビア専門店のフードも多彩化しているように思います。

渋谷の喧騒からも離れた立地で、地下にあるせいかそこまで混んでない。
テーブル席もあるので、覚えておいたら便利そうなお店です。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る