「グッドモーニングカフェ」イケレスと、池袋マーケットを考える

池袋ルミネの8階レストランフロアが、今年3月「イケレス」としてリニューアル。
ちなみに、9階はすべてビュッフェレストランが出店し、この6月にオープン予定です。

8階の店舗は、全21店舗。
「ダッキーダック」や「つばめグリル」など以前からの店舗もありますが、定食カフェやハワイアンダイナーなど、女性向けのお店がぐんと増え、雰囲気も完全に女性向けの内装に。
これは、男性や年配層は入りにくいだろうなぁ…。

フードライターrieの食日記

「イケレスガーデン」と名付けられた中庭もあったりして、「メトポリ」時代の面影がどんどんなくなってしまうのは元立教生としてはちょっとサミシイですが…。

ぐるっと一周して、私が気になったお店は、以下。

・定食カフェ「おぼんdeごはん」(和食「えん」を展開するBYOが経営)
・ハワイアンカフェ&パンケーキ 「モクオラ ディキシーダイナー」  (ディキシーダイナー、黒ぶたやを展開するエーディーエモーションが経営)
・「タイフード ペンシーズキッチン」(タイ料理店「ティーヌン」が経営)

駅直結のルミネという好立地だけあって、よーく見ると他の商業施設や駅ビルにもある店や、普段お世話になっている外食企業さんのお店が多いことに気づく。

で、せっかくだから全く知らないお店がいいなぁ~と思って選んだのがここ「グッドモーニングカフェ」。
千駄ヶ谷にあるカフェで、一度行ってみたいと思っていたのです!
といっても、ここも経営はバルニバービという、これまた取材でもお世話になったことのある企業さんなわけですが…。

本店のコンセプトは、店名の通り「アサイチ生活」。
朝早くから深夜まで開いていて、アサイーボウルやサラダボウル、フレンチトーストなどのモーニングから、昼はピッツァやパスタ、夜はワインに合う一品料理までを楽しめます。

フードライターrieの食日記
ランチはこんな感じで、結構種類があるので迷います。
ラインナップは本店とほぼ同じのようですね。

フードライターrieの食日記
店頭に並ぶランチの見本。
どれもボリュームがあるのは嬉しいですね。

フードライターrieの食日記
迷った末選んだのは、スープ、パンが付いて1000円のお野菜ランチ。
カボチャサラダやゴボウサラダ、ピクルスなどが彩りよく盛られていてボリュームは申し分ないです。

ただ、こうしたサラダがメインのランチの場合、セットのスープやパンの内容ってかなり大事なんです!
ここは、スープはただのオニオンスープで具が少なく、かなり塩辛い…上、パンもちょっとパサパサ…と、トータルの満足度としては惜しい印象でしたあせる
でも、野菜が食べたいときには行ってしまいそう。

池袋は学生時代以降よく行く町なので、大体の客層や人の流れもわかるつもり。
もちろん学生は多いのですが、1年のうち3分の一は休みですから…意外に大事にしなきゃいけないのは、近隣にお勤めのOLさんや、沿線から買い物にきている主婦、ママ友の集まりだったりするのではないかと。

そういう意味では、今まで「池袋には女性同士で行きたいお店がない」と思っていたママ友の集まりにはいい場所ではないでしょうか。
9階はビュッフェのみということで、ファミリー層の利用も見込めそうですし、待ち合わせにしても駅直結の魅力は大きいですよね。

反面、両親と行けるようなお店はどんどん少なくなってしまっているのはチョット残念…。
ルミネ自体のターゲットが「若い女性」なので仕方ないのですが…私なぞは両親と東武とかで買い物することもあるので、そうした際にどこに行くか、実は結構迷うんですよねガーン

ということで、イケレスはオットと行くこともなさそうですが(笑)、女性同士の集まりや一人ご飯には使えるかも!という結論でした~。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る