「グリルエス」横浜を代表する絶品洋食

横浜に住んで3年が経ちましたが、外食においてはなかなか通いたいほどのお店に出合うことは稀で。

そんな中、「テンダロッサ」同様、今後も足を運びたいと感じたのが、以前の記事でも紹介した馬車道の老舗洋食店「グリルエス」。


創業は、昭和29年。

戦後の混乱の中、現店主の母が開業したのがはじまりだそう。

レトロな雰囲気の店内は、創業時のまま。

広くはないので、記念日利用は少し難しいかもしれませんが…

お値段的にがやがやした客層はいないので、落ち着いて食事を楽しめると思います。


一番人気は、オムライス。

「ウチはオムライス屋じゃないんだけどね」とマダムが苦笑いするほど、よく出るそう。

ゆえに夜はオムライスだけのオーダーは不可なので、要注意。

人気の秘密は、卵4個を使うというボリューム感と、見た目とは裏腹の上品な味付けでしょうか。

内側がトロッと半熟で、卵の火の通し加減も絶妙。


ディナータイムの自慢は、A5ランクの和牛を使ったサーロインステーキ。

A5らしい霜降りと、和牛のとろけるような脂の旨み。わかりやすい高級肉といった感じです。


ステーキには、ソースが2種類。デミと和風が付きますが、このソースが絶品!

正直、肉だけならここより旨い肉を食べさせるお店はいくらでもありますが、ソースこそ洋食店の真骨頂。


やっぱりハヤシライスははずせません。


上記のメニューに比べると、凡庸に映ってしまうクリームコロッケ。

でも、普通に美味しいですよ!


メニューは結構豊富で、食べてみたい料理も色々。

次はグラタンで、ベシャメルソースの味を確かめてみたい。


ハヤシライスやカレー、オムライスなどのご飯ものは1200円ほどなので、気軽に食べられる価格設定。

ディナータイムはハレの日の洋食的な使い方ですが、昼はビジネスランチのお客さんも多いようです。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る