「ココ・ゴローゾ」珍しいパスタならココ!


ここ数年のイタリアンの動きは、
「イタリアの原点に戻る」ということ。

それまでは、和素材を使ったりと、日本人ならではの感性で仕上げた
いわゆる「東京イタリアン」がもてはやされていた。

だけどここ最近は、日本でイタリアンを根付かせた巨匠クラスのシェフたちにも
原点回帰の動きが感じられる。

イタリア料理の特徴は、多彩な郷土性にある。
ワインの産地として知られる
ピエモンテ、ロンバルディアなど北の州から
魚貝料理が有名で、オリーブの名産地でもある
シチリア、カラブリアなど南の州では、素材も味付けも全く違う。
イタリア料理の原点は、地方にあり、という名言もあるほどだ。

そしてイタリアのスローフードの動きは
イタリアンだけでなく様々なジャンルのシェフにも影響を与えている。

「ココ・ゴローゾ」の橋本シェフも、
そんなイタリアにどっぷりとハマッてしまった一人。
看板にも「イタリア郷土料理の店」と掲げ、
自身がイタリア各地を回る中で出会った、各地の郷土料理を提供している。
中には、今では本場イタリアでも作られなくなってきているという
各地方で昔から家庭料理として作られていたパスタなども再現している。

そのため、この店の料理は非常に個性的で、印象に残るものが多い。
塩が濃い目で、ガツンとインパクトのある味わい。
中でもここでしか食べられないのが、郷土性の強い手打ちパスタの数々。


イタリア最古のパスタ、「テスタローリ」や
そば粉で作る「ビゾッケリ」
栗粉で作るニョッキなど、中には「これがパスタ?」というものも。


こんな風に、その日のパスタを見せてくれることもあり
目でも楽しませてくれるのがいい。
イタリアの話になると、目がきらきらとするシェフだから
食に興味がある人にとっては、きっと楽しめるお店。


もちろん、前菜もインパクト大。
写真のホワイトアスパラのパイ包み焼きは、太くて立派なアスパラをパイ生地で包み
半熟卵のソースをかけたもの。
シンプルだからこそしっかりと素材の主張があり、実に美味しかった。

昨年3軒目をオープンしたそうですが
そちらは、お値段ともにやや上品なイメージ。
カジュアルに直球系イタリアンを堪能するなら、やっぱりコチラかな。
(※現在、橋本シェフは新店舗にいらっしゃるようなので、お話を伺えないのは残念ですが…)

駅からは離れているけど、また行ってみたいお店です。

ブログランキング参加中。よかったらクリックしてください。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309

「ココ・ゴローゾ」
文京区本郷3丁目23-1 B1F
03-3818-3622
11:30-14:30(14:00L.O) 17:30-22:30(21:30L.O) 日曜のランチ休

お店のHP

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る