「シロノワール」ご当地グルメシリーズⅣ


やっぱり朝までかかりました…。
これから取材です。眠すぎ。

名古屋には、変わった食べ物がたくさんありますが。
スイーツで私が好きなのがこれ。

名古屋に展開する喫茶店「コメダ珈琲店」の名物です。

熱々のデニッシュ生地の上に、バニラのソフトクリームがてんこ盛り。
好みでメープルシロップをかけていただきます。

背後のアイスコーヒーと比べても分かるように、かなりのビックサイズ(これはレギュラー)。
2~3人で取り分けて食べてちょうどいいサイズですが、私は一人でもいける口。
ちなみに、ミニサイズのご用意もあるのでご安心を。

下の生地は、見ての通りパン。パイ生地とかたるとではなくて、パン。
だからふかふかした食感で、割とお腹にたまる。
ほんのり甘めで、懐かしい味。給食のパンみたいな。

名古屋の喫茶文化は独特のものがあって
まず、ほとんどに駐車場がついている。
名古屋人は、わざわざ車に乗って喫茶店に行くのですな。

そして、珈琲を頼むとなぜか「柿の種」がついてくる。
これはピーナッツの店もあるのですが、とにかく抹茶でいうお茶請けのようなもの。
塩気のあるピーナッツが、意外にうまかったりする。

あんこトーストなど、他にも名物はあるけれど
なんといっても一番の目玉は「モーニング」。

いわゆる東京のモーニング(時間のないサラリーマンが、朝かっこむ軽食)とは違い
盛りだくさんのプレートスタイルで饗される。
しかも、お値段は500円とか。
なので、朝からこれを目当てにくる主婦なんかも多い。
中にはデザートまでついてたり、パンが食べ放題だったり。
この文化は、名古屋ならでは。

この「コメダ珈琲店」名古屋にはスタバばりにあります。
以前、名古屋のカメラマンに「山ちゃん」と「コメダ」は10メートルおきにあるって聞きました」と言ったら
そんなにない!と笑われましたが。

とにかく、面白い街です。

ブログランキング参加中。よかったらクリックしてください。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309


シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る