「ジャパチーズアサヒカワ」日本の食卓に合うチーズ

主人が旭川に出張に行きまして、そのお土産。
我々からすると、北海道=魚介類、ってイメージなんですが、旭川は内陸のため主要産業は米、野菜。
空港にも魚介類のお土産はあまりないそうです。
かわいいチーズのお店の名前は、「ジャパチーズ アサヒカワ」
宮城の酪農家出身で、蔵王でチーズ職人をしていた店主が、震災を機に新天地で開いたチーズ工房だそうです。
コンセプトは、日本の食卓に合うチーズ。
和食に合うというモッツァレラは、塩味がだいぶおだやかで、豆腐に近い感じ。
オリーブオイルよりも、お醤油と鰹節が合う。
もうひとつは、割けるチェダーチーズ。
こちらは子供が喜びそう!
炙って食べると美味しいそうです!
父のふるさとでもある旭川。
もう10年以上ご無沙汰しているけれど、家族を連れてまた遊びに行きたいなぁ。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る