「パンケーキカフェMogMog」チクテカフェの跡地に…

カフェ好きには知られる存在であった超人気店「チクテカフェ」。

惜しまれつつも閉店したのは昨年7月のことですが、

その跡地にオープンしたのは、パンケーキカフェ「MOGMOG」。

注文ごとにメレンゲを合わせて焼く、ふわふわもちもちな生地が特徴。

メニューはすべてこの生地が共通で、

トッピングを変えたスイーツ系とお食事系の2本柱ですが、

ユニークなのは、この「ラザニア風パンケーキ」!

フードライターrieの食日記
ボロネーゼソースとホワイトソース、チーズをパンケーキで2層に挟み、

オーブンで焼き上げたという、ありそうでなかった一品。

フードライターrieの食日記

ラザニアのもちもち感とは違ってふわふわとした食感と、

甘さとしょっぱさが混在する、不思議な味わいがくせになります。

フードライターrieの食日記

野菜とベーコンとソーセージのパンケーキは、メープルシロップをかけて。

これも、甘じょっぱい感じがいま流行のテイスト。

フードライターrieの食日記

スイーツ系では、プレーンなバターミルクパンケーキもいいけれど

自家製のあずきをのせた「十勝小豆の和風パンケーキ」がおすすめ。

ちなみにこちらのお店では、北海道の酪農農家さんから

バターミルクを仕入れているそう。

もともとはバターを作る際に出る副産物だったバターミルクですが、

昨今のパンケーキブームで、売って欲しいという人が多いそうです。

まだまだ増え続けるパンケーキ専門店、

そろそろ差別化が難しくなっていると感じますが

それも都内に限っての話。

神奈川ですら、手づくりのパンケーキを味わえる個人店ってあまりない。

もうしばらくブームは続きそうですし、

そうなれば、全国にも専門店が増えていくかもしれないですね。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る