「ピッキーヌ」ミニカレーはミニではありません…

フードライターrieの食日記

阿佐ヶ谷での取材前、ランチに伺ったのは界隈では有名な「ピッキーヌ」さん
商店街を抜けた住宅街にあり、外観はややくたびれた印象ですが…創業は平成元年だそうで、タイ料理好きには知られるお店。

ランチは、「.トムヤム(麺)」「クッティオムー(豚肉入り濃口ラーメン)」、「カウソイ(チェンマイ風名物そば)、「ナームムーサップ(鶏ガラスープのラーメン)」「ヘンムーサップ(汁なし和えそば)」の5品で、各600円。
これに+200円で追加できるメニューとして、カレー、春巻、大根もち、揚げワンタンなどが用意されています。
お財布にやさしい価格設定なうえ、好みの組合せで食べられるのがうれしい音譜

本当は名物というカウソイか汁なしそばに惹かれたけど、身体も冷えていたのでトムヤム(麺)にカレーの組合せでお願いしました。

フードライターrieの食日記
グリーンカレー、出てきてびっくり。
思わず「単品で注文してないよな…」と不安になるお皿の大きさ。
ご飯はタイ米ではないですが、これで200円はエライ!
甘口で、まったりとした味わい。

フードライターrieの食日記
トムヤムも、一口食べて「ん、甘い!」。
皆さん書かれているように、全体的にかなり甘めな味づくりなんでしょう。
調味料のセットをもらって、唐辛子入りのお酢をかけて食べたらちょうどよい味に。
やっぱりここは揚げた麺の「カオソイ」にしとけばよかったかな…。

とはいえ、大根餅や春巻きもおいしそうだったし、夜もメニューがいろいろあるので、また来てみたいなー。

帰りに界隈を散策していたら、2軒ほど新しく飲食店を造っているような物件がありました。
ビアバーの「ストーン」、日本酒好きに知られる「燗酒屋」、大流行の「バールドンツッキ」など優良店もたくさんあって、意外にいまアツイ街のひとつかも。

次回引っ越すなら、中央線も視野に入れなければ…。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る