「フィッシュバル トロバコ」魚介酒場の新業態

フードライターrieの食日記

先月、上野広小路の交差点にオープンしたこちら。

魚介居酒屋の先駆けである「トロ函」が展開する新業態のフィッシュバルです。

一見するとイマドキおしゃれバル、に見えますが、じつは大衆的な値付け。

メニューはコチラ↓。

フードライターrieの食日記

一品料理は400~600円が中心価格帯でしょうか。

看板商品の生ガキをはじめ、茹でエビやカルパッチョなど、シンプルな調理が多いです。

フードライターrieの食日記

お通しのパン(お代わり自由だったような)と、オリーブオイル。生ガキ。

実は、私は生ガキは食べられません…でも、取材先で出てきたら、飲みこみます。

フードライターrieの食日記

おすすめされた、ウニのプリン399円。

茶碗蒸し風を想像していたら、本当にプリンのようになめらか!予想以上にウニの風味も濃くて満足。

そして、もうひとつの売りが、卓上にあるミニコンロで仕上げる「アランチャ(鉄板焼き)」。

とくにおすすめは、この「挑戦!トルティージャ」。

フードライターrieの食日記

注文すると、ジャガイモ入りの卵、コテ、ミニフライパンのセットがきます。これで、自分で卵焼きを作るスタイル。

これで199円というのがエラすぎる!

スペイン風の厚焼きにしたり、半熟のオムレツにしたり、スクランブルエッグにしたり。お好みで焼けるのが楽しいです!

フードライターrieの食日記

ちなみに私は、ちょっと失敗オムレツに…。

しめには、この「洋風焼きおにぎり」がおすすめ!

フードライターrieの食日記

チーズやオリーブオイル、にんにくが入っているので「洋風」。

これもフライパンで調理します。10分ほどで、焼きあがり。299円なのに、食べ応えあります。

そして、ドリンクの売りは「生ワイン」!

ビン詰めをせずに樽ごと仕入れているワインで、ボジョレーのようなフレッシュ感が特徴だそう。

実はこれ、今後流行るドリンクと睨んでます。

飲み口がよくて、飲んだ後も頭が痛くならなかった~。

今はまだオープン直後でそこまで混んでいませんが、認知度がアップしたら人気が出そうなお店。

魚介&ワインな気分のときにぜひ!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る