「フレデリックカッセル」素材のストーリーが楽しめるショコラ

今年のバレンタインショコラは、フレデリックカッセルのバレンタイン限定商品でした。

日本での常設店舗は、銀座三越とハイアットリージェンシー京都のみ。


本に見立てたパッケージがおしゃれ!

商品名は、ラブストーリー。

8粒のボンボンショコラのお味は、こんな感じです。

パリッと薄い上掛けの中に、2層になったガナッシュやコンフィチュールをしのばせており、立体的な味わいを楽しめます。

ガナッシュの口どけや、カカオそのものの個性を味わうという点では、他の有名ショコラトリーの方が上に感じましたが、思わず食べてみたくなる味の組合せがとても魅力的でした。

そして改めて、日本人ショコラティエの技術がフランスにひけをとらないレベルに達していることを実感します。

高級チョコレート、頻繁には食べれないけれどやっぱりおいしいラブラブ

あとはホワイトデーに期待します(笑)

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る