「プレスキル ショコラトリー」日本生まれの粋なショコラ

お正月明けに訪れたお店の記事が、3月になってしまいました…
去年も一昨年も、足を運びつつblogに載せていないお店がたくさんあるので、できるだけ紹介したいと思いつつ、1日24時間はあっという間に過ぎていきます…汗
こちらは、現存する日本最古のワイナリーといわれるまるき葡萄酒が手掛けるショコラトリー。
ワインとショコラ?って感じですが、まるき葡萄酒は、他にもチーズやパティスリー、レストランなどを手掛けていて、素材からこだわった伝統的な食文化の継承を掲げています。
ボンボン・ショコラは、日本の素材を使ったものも多く、日本生まれのショコラ、という表現がよく似合う。
特に、沖縄の唐辛子やシークワーサー、パッションフルーツなどの組み合わせが面白い。
味わいも、フランスのようにショコラの味を際立たせるのではなく、副素材の味がきちんと伝わるように、ジュレやプラリネなどと2層仕立てなっているものも多い。
もちろん、まるき葡萄酒のワインがガナッシュに使われたものもあり、絶品でした!

こちらも看板商品の、フォンダンショコラ。

なんと、中身が色々あるのですよ。
写真はパッションフルーツと、プレーンなカカオ。
ベリー、抹茶などもあり、カラフルな切り口も楽しめます。

生菓子も、きれいな仕立て。
シューやプリン、モンブランもあって、地元の幅広い人にも親しみやすいラインナップ。
店内にはまるき葡萄酒のワインも売られていて、ショコラとセットで購入するのも楽しそう。
厨房の一角が見えるようになっていて、中には珍しいショコラ作りの機械(カカオの殻をはずすものや、コンチングマシン)も置いてあるので、スイーツマニアにはたまらん店作りも魅力です
Wハート

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る