「ホレンディッシェ カカオシュトゥーベ」話題のバウム

カカオシュトゥーベ_R000今年9月、新宿伊勢丹にオープンしたドイツの老舗コンディトライ&カフェ。
日本初上陸で、看板商品はバウムクーヘン。

以下、メディア記事からの抜粋ですが…

バウムクーヘンは、国立ドイツ菓子協会が設定したバウムクーヘンの定義(原料の比率が、小麦粉(1):バター(1):砂糖(1):卵(2)でなければならないという品質基準)に沿ったもの。
バター以外の油脂は使わず、卵黄と卵白を別立てするなど、本場の味を再現しているそう。無添加にもこだわっています。

カカオシュトゥーベ_R001購入したのは、自宅用の簡易包装の「クラシックバウム」980円。
大量生産のバウムクーヘンとは異なり、職人がていねいに焼き上げるため、1層1層が厚い。
本場の味というと、パサついたイメージがあったのですが、しっとりふわふわ!バターやバニラのきいた贅沢な風味です。
まわりがチョコでコーティングされているので、よけいにしっとりしているんですね。チョコは結構甘め。

最近食べたバウムクーヘンの中では突出するおいしさでした。
さすが伊勢丹…悔しいけど評判になるのがわかります。

その他、アーモンドがたくさん刺さったハリネズミのようなケーキや、マジパンでお花に見立てたケーキ、ひと口サイズのバウムをチョコでコーティングしたものなど、見た目のインパクトのあるギフトもたくさんありました。
白地に青のラッピングデザインもクラシックでかわいいですね。

平日の3時ごろ行ったにもかかわらず、すでにチョコがけは売り切れ…お客も続々と来店。しばらく人気は続きそうです。

ブログランキング参加中。よかったらクリックしてください。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る