「ボン・モマン」話題のパイ専門店

自由が丘にあるパイ専門店「ボン・モマン」 さん。

お店は、家族経営のアットホームな雰囲気。

オーナーのお母様が20年試行錯誤して完成させた

アップルパイを看板商品に、2009年にオープン。

パイは、スイーツパイとおかずパイの両方があり

季節のフルーツや野菜によって限定品もたくさん。

フードライターrieの食日記
この日は定番のミートパイ、アップルパイと

夏期限定のラタトゥイユのキッシュを購入。

ミートパイの第一印象は、「肉まん!!??」

ザクザクとしたショウガやネギの風味を強喰感じる和風テイストで

赤ワインのきいたどっしり系のミートパイとは、別物の個性的な味。

フードライターrieの食日記

パイはサクサク、ナイフを入れるとハラハラっと崩れ、

テイクアウトでこの食感を保っているのはさすが!専門性を感じます。

フードライターrieの食日記

逆にアップルパイは、ちょっと期待はずれ。。。

中のリンゴの水分は飛んでしまっているし

パイもサクサクというよりしっとりとした食感。

個人的には、パイはもっとバター感があるリッチな味で

リンゴもジューシーな方が好きですが…

パイの甘さは控えめであっさりしているので、食べやすいです。

ラタトゥイユのキッシュ(写真忘れ…)は、

ズッキーニやナスなどの夏野菜がゴロゴロ存在感あり。

アパレイユはほぼ卵の味で、ふわふわとスフレのような食感。

素材感が強調されていて、さっぱりと食べられますが

こちらも、個人的にはクリームが多めのリッチなアパレイユが好みなので

好き嫌いが分かれそうなところ。

パイってシンプルなだけに、

素材の選び方や配合、折り込み方、焼き方などで全く味が変わってきます。

好みの味も、私のようにバターがじゅわっと染み出るようなリッチタイプが好きか、

甘みも抑えたさっぱり味が好みかは人それぞれ。

食感も、ザクザクか、サックリ繊細なのか、など千差万別。

パティスリーのパイに慣れていると、ちょっと物足りないなと感じますが

食べ疲れしない、家庭的でやさしい味わいだと感じました。

さすが専門店だけあって、

とくにスイーツ系は魅力的な種類がたくさんあるので、

今度はカカオオレンジパイなども食べてみたいですラブラブ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る