「マ・プリエール」神レベルのショコラ使い

技術本の取材で、マ・プリエールさんへ。

生菓子をいただきたかったので、早めに到着してイートイン。
「シェリール」は、セイロンティーのショコラとレモンティ、オレンジ、ベルガモットがテーマ。
夏に食べたい、爽やかな組合せに惹かれました。

セイロンティー香るミルクチョコのムースの中に、レモンクリーム。時々オレンジのゼスト。
ムースもクリームもほどよい固さがあるので、口の中でゆっくりと溶けていって、混ざり合う美味しさが楽しい。
上にはなめらかなシャンティ。ここにも、お酒で香りをつけているそう。
生地は、ダックワーズが2層になっていて、弾力のある食感とナッツの香りが、このケーキの味わいをより豊かにしています。
すべてのパーツを説明していただいたけれど、あまりに素材が多くて覚えきれず…ともかくめちゃくちゃ美味しかったです!

チョコレートも、相変わらず圧巻の品揃え。
前回は産地別の食べ比べにしたので、今回は創作系にチャレンジ。
和の素材も多く、中にはコーンポタージュなるものも!
猿舘シェフのお菓子は、素材が多く構造も複雑なものが多いけれど、それにはひとつひとつ必然性があり、その理由を考えながら食べるのもまた楽しみのひとつ。
本当に、いいお店だなぁ~。
またすぐにでも食べたい♪

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る