「ラシーヌ」池袋待望のブーランジェリー&ビストロ

フードライターrieの食日記
女性が安心してひとりご飯できる飲食店が少ない池袋東口エリアに、待望のブーランジェリー&ビストロが誕生。
食べログでもかなり高評価で、なかでもランチは行列もできる人気だとか。

フードライターrieの食日記
この日は打合せのあとに、軽めのディナーを。
店内は木材を多用したナチュラルで温かみのある雰囲気。こういうお店、結構ツボです。

フードライターrieの食日記

パンは夜だけあって、種類少なめ。
普段は、1日100種類くらい焼き上げているそうです。

フードライターrieの食日記
メニューは手描きの黒板で持ってきてくれます。
注文したのは以下。

フードライターrieの食日記

まずはドリンク。
この後も打合せがあったので、アルコールはやめて紅茶を。
フレーバーティーなどいろいろな種類がありました。
なおグラスワインはメニューに書いていませんが、もちろんあります。
この日は3種類から選べました。

フードライターrieの食日記
「地鶏白レバーのムースと自家製ジャム」680円。
とてもあっさりとしたレバームース。レバー好きには物足りないかも。
パンは、バゲットとブリオッシュの2種。粉の風味のするバゲットと、バターリッチなブリオッシュ、いずれもおいしい!

フードライターrieの食日記
お替りをお願いしたら、バゲットといちじくのパンになりました。
(お会計を見たら、お替りパンの分が入っていなかった!もしサービスなら素晴らしいシステム)

フードライターrieの食日記

「完熟トマトと卵、アンチョビのニース風サラダ」1000円。
完熟トマトの…という割には、トマトが少なかったのがザンネン(写真でもわからないでしょ!)。
デモお野菜はおいしいです。相方もモリモリ食べていました。

フードライターrieの食日記
「生ウニと菜の花、スペルト小麦のリゾット」1200円。
スペルト小麦の食感がもう少しあるといいなぁ。
でも、こういう季節のメニューが随時更新されていくのは楽しいですね。

そして、こちらのお店、接客がいいです!
なので、フードのクオリティ+αでかなり好感度大。
この日もどんどんお客さんが入ってきて、すぐに満席に。
予約の方も多いみたいです。危なかった~。

ちなみに、大評判のランチも気になるところ。
とくに人気は「無農薬サラダランチ」。山盛りのサラダに、自家製パン盛り合せ()、本日のスープ、ドリンクが付いて980円という魅力的な価格。
ほかにも、「焼き立てバゲットのカスクルート」や「塩漬け豚ばら肉のハンバーガー」など、ほとんどが1000円以下でいただけるのはかなり嬉しい。
しかも、パンには自家製ジャムや蜂蜜、バターがつくのもポイント高いですね。
パンをおいしく食べてほしい!というお店の気持ちが伝わってきます。

池袋は今後もちょくちょく行くので、またぜひ行きたいお店です!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る