「ル パティシエ タカギ」魅惑のベニエ

フードライターrieの食日記
先日、外苑前で用事のあったオットがお土産に買ってくれたのは、

「ル パティシエ タカギ」 青山店限定のベニエ。

ドーナツ好きな私は、ベニエやクラプフェンといった揚げ菓子も大好き。

最近は食べるのを控えていますが、本当は毎日でも食べたいくらい汗

しかも、ここのは1個300円 なので庶民には高級品あせる

小ぶりなブリオッシュ生地を揚げ、

注文ごとにカスタードやジャムを詰めてくれます。

フードライターrieの食日記

このベニエ、とにかくカスタードクリームのおいしさが際立ちます。

非常になめらかな食感で、コクがあって風味豊か。

ブリオッシュ生地はほどよいひきがありながらも、軽い口溶け。

こうして食べてみると、

パン屋さんとお菓子屋さんのアプローチの違いが感じられて面白いですね。

それぞれに良さがあって、私はどちらも好きですが

お菓子屋さんのカスタードは、洋菓子店の命と言われるだけあって

より繊細で香り高い気がします。

ということで、パンと思うと高いけど、ケーキと思えば安い…かな。

そして、電車で持ち帰ってもサクサク感が損なわれないのもさすが!

ちょっとした手土産にも喜ばれそうですプレゼント

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る