「レザネフォール」話題の人気パティスリー!

昨年11月にオープンし、

スイーツファンの間で早くも話題のパティスリー「レザネフォール」さん。

乳児連れで恵比寿から生菓子を持ち帰るのは難しいな…と思っていたら

先日、昔の職場の友人が遊びに来た際、手土産で買ってきてくれました!

さすが、飲食専門誌の編集者クラッカー

フードライターrieの食日記
久しぶりすぎる本格的なケーキに、大興奮ラブラブ

オーナーシェフの菊地賢一氏は、

「アルパジョン」「パークハイアット東京」などを経て渡仏。

フランスで注目のパティスリー「セバスチャンゴダール」などで経験も積んだ

今後ますます注目が高まるであろう若手パティシエです!

フードライターrieの食日記

まずは、シェフの自信作という「モンブラン」。

クリーミィーなマロンペーストの中に、

シャンティと栗の渋皮煮、クレームダマンドという仕立て。

中のクレームダマンドは、ナッツの風味豊かでとてもおいしい!

さらに、土台はシナモン風味のサブレで、余韻に残る香りが印象的です。

フードライターrieの食日記

お店の方のおすすめだったという「モンターニュ」は、

モンターニュ産バナナのクリームをメレンゲでおおったケーキ。

素材感の残るバナナのねっとりした味わいと、軽いキャラメルのほろ苦さ、

ざくざくとしたタルトの食感のコントラストが絶妙!

これ、めちゃくちゃおいしいですラブラブ!

フードライターrieの食日記

ホワイトチョコレートのムースで、

ベリー系のジュレとショコラムースをおおった「ルージュ」。

このジュレが、酸味と甘味のバランスが絶妙でおいしい!と思ったら、

フレーズ・デ・ボワ、フランボワーズ、苺の3種をブレンドしているのですね。

濃厚まったりなホワイトチョコを、ベリーの酸味とショコラが引き締めます。

フードライターrieの食日記

ルリジューズは、中にピーナッツ?のクリーム入り。

アーモンドとは一味違う、濃厚なコクのある味わいで印象に残る味わい。

栗のケーキは、ショコラのスポンジでマロンクリームをサンド。

栗好きにはたまらないです音譜

上のクリームがマロンとシャンティ、2種なのも遊び心があっていいですね。

ミルフィーユは、ザクザクとした力強い食感のパイが特徴。

対して、クレーム・パティシエールはとても軽やかで、甘味も控えめ。

フードライターrieの食日記

品のいいクグロフは、持ち運びしやすく手土産にもぴったり。

表面の粉糖がシャリシャリとした歯触りで繊細な味わい。

伝統的なフランス菓子を履修しつつ、食べやすい現代的な軽さがあり

かつオリジナリティも感じられる、都会的なお菓子という印象を受けました。

恵比寿駅から歩ける距離で、しかも営業は22時まで。

これはますます人気が出ること間違いありません。

今度はぜひ来店して、

ショーケースの前であれこれ悩んでみたいです音譜

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る