「ロワゾー・ド・リヨン」硬派なフランス菓子専門店

私のオットは雑誌のお仕事をしておりまして、

日々、取材で色々な街へ行くことも多いようでして。

毎回、その街の人気ラーメン店に訪れるのを至福の喜びとしていますが

(ネタがないと「今日のランチ何かない?」とメールが来ます(笑)

私の仕事を知っていることもあり、お土産もよく買ってきてくれます。

さすがに生菓子は難しいので、焼き菓子とかパンとかが多いのですが

「これから帰ります」のメールの後に、「お土産あるよ」と来ると、

今日は何かなぁ~と子どものようにわくわくとしてしまうのです。

フードライターrieの食日記

そんなある日のお土産は、これ。

湯島「ロワゾー・ド・リヨン」 の焼き菓子です。

すば抜けた有名店ではありませんが、

オーナーシェフの加登氏は、

日本のフランス菓子の草分け「ルコント」の出身。

約7年間の渡仏経験もあり、伝統的なフランス菓子のお店として

スイーツファンには知られる存在です。

お店の雰囲気も、商品ラインアップも

正統派のフランス菓子店を主張した店づくりゆえ

一見すると敷居の高いお店に見えますが

上野のパンダをモチーフにしたロールケーキがあったり、

2階のサロンは、平日はケーキセット980円で楽しめたりと、

下町との共存もしっかり図っているのがうかがえます。

フードライターrieの食日記
フィナンシェ。

しっかり焼き込まれたような、表面のサクサク感が好みの味。

焦がしバターにこだわった、とHPにはありますが

バニラの香料?が立ちすぎていたのがややザンネン。

フードライターrieの食日記

フルーツケーキ。

しっとり~をイメージしていたら、どちらかというとばさっとした食感。

いろいろな具が贅沢に入っているのは嬉しいけれど

フルーツケーキの醍醐味である香りが少し弱かったかな。

ここ最近、ユウジアジキ、パリセヴェイユなどに続いたので

やや辛口評価になってしまった。

お値段も安くないからというのもあるのですが…

以前、食べたことのあるヴィエノワズリは

いかにもお菓子屋さんのパン!といったリッチな味でおいしかったし

何より、正統派フランス菓子店としてのぶれない姿勢が好ましいお店。

湯島界隈は意外に洋菓子店が少ないので、

お茶するなら2階のサロンは覚えておくと便利です~。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る