「ワンディッシュタイ」タイ食材輸入商社直営!

タイ食材売り場に行くと、よく見かける「タイの台所」のマーク。
これはタイ食材の輸入商社、アライドコーポレーションさんの商品ですが、同社が昨年より飲食事業に参入。
2011年5月、恵比寿に1号店となる「ワンディッシュタイ」をオープンし、10月には渋谷に2号店をオープンしました。

フードライターrieの食日記

コンセプトは、 「日本人による、日本人のためのタイ料理」。
スタッフはすべて日本人で、タイ料理を食べ慣れていない人にも親しみやすい味づくりを基本としています。
現地風の味が好みの方には、ちょっと物足りないかも??

もちろん輸入商社である強みを生かし、食材も厳選。
タイの柑橘類・マナオや低温殺菌のココナッツミルク、24か月熟成のナンプラーなど、本場の食材を使いながらも価格はリーズナブルに提供しているのも魅力です。

フードライターrieの食日記
そんなお値打ち感のあるメニューは、ランチにも健在。
おすすめは、麺やご飯など7品から2品を選べる「ランチコンボ」。
880円で2種類の味を楽しめるのは、女性には嬉しいですね音譜

フードライターrieの食日記
写真は、一番人気の組合せという「鶏肉のタイバジル炒め」と「トムヤム汁ビーフン」。
いずれもボリューム満点目
他にグリーンカレーや蒸し鶏ご飯などポピュラーなタイ料理が選べるほか、サイドメニューやデザートを+100円~で追加することもできるので、お腹の空き具合に応じていろいろなチョイスが可能です。

フードライターrieの食日記
こちらは+100円の生春巻きと、ミニトムヤムスープ。
スープは、ちゃんとレモングラスや魚介類が入っていて本格的!これで100円はオトクだなぁ~。

フードライターrieの食日記
こちらは、+200円で追加できるデザート。マンゴープリンとココナッツプリンです。
デザートに関しては、至って普通かな…。

フードライターrieの食日記
単品のカレーやご飯、麺料理は、780円。

フードライターrieの食日記
定番のグリーンカレーのほか、カボチャと牛肉のレッドカレー、鶏肉とパイナップルのイエローカレーなどもあり、毎日通っても飽きなさそう。

全体的にマイルドな味で、確かに日本人に食べやすくアレンジされている感じはありますが…辛さやパクチーの量が調整できますし、夜もリーズナブルな価格なので使い勝手はよさそう。
お店もカフェ風できれいなので、ゆったり食事を楽しみたいときにもおすすめですニコニコ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る