「富山ブラック」ご当地グルメシリーズⅦ

富山ブラック_R000ご当地グルメシリーズです。
富山市内に数多く見られる、真っ黒いラーメン。「富山ブラック」と呼ばれるこのラーメンは、戦後の復興期に誕生したと言われています。
中でもその発祥と言われるのが、昭和22年創業の「大喜」。おにぎりや白飯の弁当を持った労働者のために、チャーシューがたっぷり入り、噛んで食べるような「おかずになる」濃い味の中華そばを作ったのがきっかけだそう。

富山ブラックの特徴は
・麺は、固めに茹で上げた太めのストレート麺
・スープは、特製の醤油ダレをベースにスープなどで割ったもの
・具は、メンマ、たっぷりのチャーシューとネギ
・仕上げに粗挽きの黒胡椒をたっぷり

見た目は醤油そのもののように真っ黒。恐る恐る食べてみると、確かにしょっぱいが意外とおいしい。
メンマは塩辛い味付けで、チャーシューとネギは厚めに切られているのは、よく噛んでおかずになるようにとの配慮から生まれたそう。醤油のしょっぱさに黒胡椒のスパイシーな風味が加わり、思わず白いご飯と食べたくなる味。
まさにご飯のための1杯かもしれません。

ブログランキング参加中。よかったらクリックしてください。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る