「床島」酒も焼鳥も旨い!

三茶界隈で評判のいい焼鳥店といえば、「床島」さん。
なかなか予約がとれなかったのですが、先日ようやく行ってきました。

メニュー表を見るだけで、いいお店の匂いがぷんぷんします。

焼鳥は1本250~300円が中心。
おまかせだと4本900円、6本1300円と、かなり良心的な価格設定。

そして一品料理の値付けも安い。
名物「鶏ささみのくんせい」をはじめ、なんこつの佃煮、レバーペーストなど、鶏料理店らしいラインナップが揃い、ほぼ400~600円ほど。

さらに心を奪われたのは、日本酒の品揃え。
悦凱陣、宗玄、秋鹿、…といった我々の好きなお酒がすべて揃っているのに加え、今大人気の「而今」などもしっかりラインナップ。
全部で50種くらいあるでしょうか…。もちろん知らないお酒もたくさん!
1つ1つに、甘味や酸味、余韻や熟成感などがチャートになっているので、似たタイプのお酒も探しやすいのが嬉しい。
これはご主人も、きっと相当日本酒好きなんだなぁ。

フードライターrieの食日記
お通しは3点盛り。
ホウレン草のごま和え、浅漬け、レバーペースト。
このレバーペースト、お替りしたくなるよ。。。

フードライターrieの食日記

ポテトサラダ。
最近流行ってますね、ポテサラ。こちらのは燻製のきいたベーコンの味がしっかりしてリッチな味。
パプリカの風味がいい仕事してます。これ、レシピ教わりたい~。

フードライターrieの食日記
ささみの燻製。
お酒のアテにはいいですね。ちびちびやりたい。

串はおまかせ4本に、お好みを追加でお願いしました。

フードライターrieの食日記
まずは梅しそ。レアすぎず、ちょうどよい火の通り加減。
1本はボリュームもしっかりあって、かなり食べごたえもあります。

フードライターrieの食日記
せせり。
ジューシーでうま!

フードライターrieの食日記
はらみはたれで。
ものすごいやわらかくて、味も濃厚。

フードライターrieの食日記
追加のそり。
弾力があって好きな部位です。プリプリで絶妙の歯ごたえ。

フードライターrieの食日記
もも。
そりよりしっとり。皮のパリパリ感がたまりません!!

フードライターrieの食日記
レバー。
じつはレバー苦手な私…これは夫が食べました。きれいな色でおいしそう。

フードライターrieの食日記
つくね。
よくハンバーグの断面で肉汁が溢れるシーンがありますが、あれと同じくらいジューシー!
あっさりしているのが好みの人にはややしつこいかな。でも、ふわふわ溶けるような食感です。

フードライターrieの食日記
お酒は2種類。
チャートを見ながら選んで、房島屋と願人をお燗でお願いしました。
房島屋はちょっと辛口(きれい)すぎて、我々は願人のが断然好みでした。いつの間にか、飲みにくい酒が好きになっている気がします…。

フードライターrieの食日記
〆は卵かけごはん。
白身がふわふわのメレンゲ状!黄身が割れてしまったそうですが、問題なし。
醤油ではなく焼き鳥のたれをかけているそうで、ちょっと甘めで濃厚な味わい。

初めてなので食べすぎた…本来なら、串4本くらい+おつまみでお腹いっぱいになりそう。
しかし、お酒もしっかり飲んで、1人4000円ほどはかなりのお値打ち感。

三茶暮らしもまもなく1年ですが、こんないいお店を知らなかったのは…無念。
きっと近いうちにまた来ますラブラブ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る