「忠弥」祐天寺の繁盛店

フードライターrieの食日記フードライターrieの食日記

祐天寺というマイナーな駅で、15時30分開店。

開店後すぐに満席になり、売り切れ続出の人気店「忠弥」。

住宅街にぽつんとあり、一見客はまずいません。

昼間から飲みはじめる人たち、どこからわいてくるんだろう…

まずは煮込み。

透明のスープに、もつがたっぷり。臭みゼロですが、ここにラー油をたらすとうまさ倍増。

フードライターrieの食日記

名物の「生ピーマン」は、合間にかじってもいいですが、つくねをはさんで、がお勧めの食べ方。

ピーマンには白い粉がかかっていますが、こういう雰囲気だとありなんですね。

ここのつくね、絶品です!周りはカリッとしていて、なかはふんわり。軟骨の食感もいいですね。

すぐに売り切れてしまった「シビレ」。

ふわ、さくの食感でおいしいです。

はらみ、レバーなど、串はどれを頼んでもおいしい。

フードライターrieの食日記

そしてお酒の名物といえば、「カクテル」。

焼酎をジンジャーエールで割ったものですが、焼酎の量がハンパない。

常連さんはここに黒ビールを入れるのが定番です。なぜかコーラショックみたいな味に!

こういう店は、概して一見さんは入りにくいものですが、

この店に関しては心配無用です。

ちゃきちゃきしたおかみさん、至極丁寧な息子さんの接客が素晴らしい。

近所にあっても、営業時間のハードルが高くてなかなか行けないんですけどね。

「ばん」と同じく、わざわざ来る価値アリの名店です。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る