「房洋堂」房総銘菓

フードライターrieの食日記

館山を代表するお土産のひとつ「房洋堂」さん。

創業は大正12年。

館山市内に3店舗あるほか、千葉県内のSCなどにも出店しています。

フードライターrieの食日記
看板商品の「花菜っ娘」は、

黄身あんをホイル焼きにしたお菓子。

ミルク感たっぷりの生地に白餡の、和洋折衷の素朴な味わい。

こういうお菓子をおいしいと思うのは、年を取ってからですね。

(子どもは、同程度の価格ならコージーコーナーのシュークリームを選ぶと思う)

どら焼きは、千葉県らしいびわと落花生が。

フードライターrieの食日記

びわあんは、ほんのり甘酸っぱさがありますがびわの風味は微弱。

千葉県出身なのでいつも思うのですが、

びわって高級感があるのでお土産品のお菓子によく加工されるのですが

びわらしさを出すのって難しいんですよね…。

フードライターrieの食日記

ということで、落花生あんのほうが粒の存在感もあって美味。

ほくほくしていて栗のよう。

そういえばどら焼きって、

一般的には小豆とせいぜい栗、白餡くらいしか見かけませんが

もっと他の素材があっても面白そうですよね。

キャラメルとか、レーズンバター、プラリネ、アップルシナモンetc。

クリームチーズも絶対おいしい~。

ということで、面白いどら焼き情報もお待ちしておりますニコニコ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る