「旅がらす」思い出の群馬銘菓

母の故郷であり、

小さい頃からよく遊びに行っていたため、愛着のある群馬県。

ですが、群馬のお土産って、

コンニャクくらいで意外にないんですよね…。

フードライターrieの食日記
で、母がしょっちゅうお土産に買っていたのが、この「旅がらす」。

SAにも売られている、群馬を代表する銘菓です。

発売は昭和33年。

一度は都内にも進出したものの、ある客から

「群馬の菓子が東京で買えるのでは土産にならない」

と言われたことを機に、首都圏の駅売店から撤退。

「群馬の土産菓子」という立場を貫いたことにより、

群馬を代表するお菓子として定着した、というエピソードにも共感できます。

フードライターrieの食日記

サクサクというよりガリガリとした、やや荒々しい食感のせんべいで

ミルククリームをサンドしたお菓子。

先日、伯母にいただいたものは、季節限定のクリームでした。

こんなバリエーションがあったとは!

内容は、オレンジ、ブルーベリー、抹茶、

黒豆ココア、きなこ、黒ごまの6種類。

どれも初めて食べました~。

大人になってから食べたら、特別おいしいわけではなく

あまり印象に残らないお菓子なんでしょうけど

昔から食べていたのでやっぱり懐かしい味で、思い入れを感じてしまう。

郷土菓子の本質って、味だけでは決してなくて、

それにまつわる思い出があるから、特別なんだと思います。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る