「梅香」女性シェフによる繊細な四川料理


神楽坂で評判の四川料理店「梅香」。

小さなお店でなかなか入れないという噂ですが、たまたまオットの仕事関係でツテがあり、子連れOKで予約をとっていただきました!

わーいラブラブ!

「趙楊」出身の女性シェフが料理を、サービスをお姉さんが担当されており、アットホームな雰囲気。

この日は、おすすめだというメニューを中心にチョイス。

山椒のソースでいただく蒸し鶏は、美しい翡翠色が印象的。

ごくごくさっぱりとしたソースで、しっとりとした鶏の旨みが引き立ちます。


牛スネとハチノスの前菜。

スッと噛みきれるほどの柔らかさで、丁寧な仕込みが伺えます。

遠慮なく本当に辛いのだけど、旨みもあるので箸が止まらなくなるおいしさ。


芳醇な香りとほのかな酸味の正体は、なんと黒酢!

卵のまろやかさも加わって、これは斬新な味わいでした目

牛肉のオイスターソース炒め。

これも、本当に肉がやわらかくてしっとり。

お皿にほどよくとどまるソースの止め方も素晴らしい。


陳麻婆豆腐は、まず豆腐そのものがおいしい!
びりびりとしびれるほどの辛さではなく、四川料理としてはマイルドなほう。

全体的に、女性らしいやさしい中華…というと月並みな表現ですが、おおらかそうなシェフの人柄が現れたほっとなごむ味わいでした。
お値段もお手頃ですし、近所にあったらリピート確実!

最後に…

2時間半、客席でおとなしくしていてくれた娘。

食事を終えて、泣きそうになっちゃいました。

私の仕事柄もあって、取材先にやむなく同行させるなど小さいうちからあちこち連れまわしていますが、保育園のおかげが人見知りもなく、こんな親なのにいい子に育ってくれています。

もう少し大きくなったら、一緒に食べられるお店で好物をたくさん食べさせてあげたいな。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る