Warning: Attempt to read property "display_name" on bool in /home/foodwriter/foodwriter-rie.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-seo/src/generators/schema/article.php on line 52

「流石」銀座で呑める蕎麦


クリスマス一色の銀座の週末は、人出も激しく。

そんな喧騒から一歩遠さかった銀座一丁目付近にある蕎麦店「流石」。

決して安くはありません…飲んでつまんで蕎麦で〆たら、一人7000円くらい。
蕎麦の味だけ言えば、他にもっと美味しい店はあるけれど
つまみの質やロケーション、営業時間を考えたら、とても貴重なお店。

ご主人は修善寺のそばの名店「朴念仁」で修業。
ミシュランで一つ星をとった「古拙」とは姉妹店にあたる。

こちらの特徴は、丁寧な和食のつまみが充実していること。
どれも薄味で、上品な味。
きちんと和食の職人さんが作っているそうで。納得。
料理に合う器(焼き物)で供されるのも粋な感じ。


「鴨ロース」
シャラン産の鴨を使っているとのこと。しっとりした口当たりで、柔らか。


「出汁巻き卵」
甘くなく、京風のだしの風味が効いたあっさり味。
甘めで濃い味が好みの私には、ちょっとお上品すぎるかしら。


「そばがき揚げ」
モチモチ、さくっとした不思議な食感。女性は好きな味なはず。

そしてお蕎麦。
「玄(くろ)挽きせいろ」
つなぎなしの十割蕎麦を、ここまで極細に打つのはまさに職人技。
蕎麦の香りはちょっと弱いかな。
ここまで細いと、コシは弱めになりますね。
そばつゆは江戸前の辛いつゆではなく、あっさりめ。

写真はありませんが、こちらは「ひやかけ」も美味しい。

お酒は、ワインと日本酒が充実しています。

本日もランキングお願いします。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309


「流石」
中央区銀座1-19-12理研ビルB1F
03-3567-0012
火~土 11:30~14:00 17:30~翌2:00
日・祝 12:00~15:00 17:00~23:30  月曜定休

桜海老のかき揚げ1000円、だしまき卵900円、鴨ロース1000円、ざるそば1000円、ひやかけ1000円

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

トップに戻る