「焼肉酒家 傳々」打合せで…

フードライターrieの食日記

先日、お打合せで伺った月島の「焼き肉酒家 傳々」さん。
開業当初より但馬牛にこだわったお店で、焼肉業界でも知る人ぞ知る人気店です。
実はここに来るのは、前の会社の食事会以来…かも。

今度作るのは(といっても居酒屋本と並行ですが)焼肉のたれの本。
たれって目立たない存在ですが、じつは焼肉店のおいしさを決めるかなり重要な要素。
であるがゆえに、ラーメン店でいう丼たれと同じようにレシピは門外不出なケースも多々ありまして…取材店を見つけるのも一苦労だったり。

焼肉には、いわゆるお客さんが付けて食べる「つけだれ」以外に、肉に下味をつける「もみだれ」、コチュジャンなどの卓上調味料、キムチや料理にも使うヤンニョムなど、いろいろなたれがあります。
そんなたれをいろいろ公開してもらおう、という本です。

フードライターrieの食日記
ここ傳々さんのたれも、そういう意味ではかなり個性的。
いわゆるポン酢と醤油だれですが、お店のお肉との相性や、味づくりの考え方が現れていて面白いです。
たとえば、ご飯をたべるための濃い目のたれではなく、お酒と楽しむために後口を軽くしている、といったような。

フードライターrieの食日記
傳々さんといえば、やっぱりホルモン!
表面サクッと、なかはトロトロの食感は、アツアツのタコ焼きとでもいえばいいでしょうか…とにかく食感が絶妙。
ものがいいのは分かるけど、下処理の仕方や隠し庖丁の入れ方など、細部においしさの秘密があるんだろうなー。
久しぶりにいただいたけど、さすがの看板商品でした。

帰りがけに、これまた月島で知られる繁盛店「魚仁」さんで。オットの好物である刺身を購入。
忙しくてご飯が作れない日も全然文句を言わないので、実は日々とても感謝しています。

今年も年末まで忙しそうだけど…がんばろう!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る