「煮炊屋 金菜」酒も料理もハイレベルな居酒屋

東京の立ち飲みブームの先駆けといえば、渋谷「BUCHI」。
いまでも連日満員の繁盛店。
その系列である、恵比寿「Buri」もこれまた繁盛店。
いつでも道路にまでお客さんが溢れてる。

これまで立ち飲みメインだったこちらの会社が出した、着席スタイルの店がココ「煮炊屋 金菜」。
着席と言うことで立ち飲みよりは若干お高めな価格設定になっていますが、
料理も酒もさすが、レベルが高い。
ちょっと洒落た料理と厳選した日本酒を、居酒屋価格でいただける。

まず出されるお通し。
基本的にスープと小鉢の2品が出される。

お通しにスープ出す店って、個人的にとてもセンスがいいと思う。
夏はトマトの冷製スープとかだったな。
きちんと作ったスープは、それだけで完成された料理。
胃にやさしくて、「さあ、飲むぞー」って感じにもなるしね。

サラダもオリジナル。例えば、「炭焼きレタスのアンチョビクリーム」。
いわゆるごちゃまぜの創作料理とは違って、きちんと素材の味を活かしつつ、新しい味わいに仕上げている。塩昆布?が隠し味でいい感じ。

旬の素材を使った「ミニ茶碗蒸し」、「本日のクリームコロッケ」なども美味しい。
写真は松茸。1人分サイズなので贅沢。

酒のラインナップも多彩。

色んな味を楽しめるのがいい。もちろん燗酒もほぼOKなのが嬉しい。
たまに「これは冷やで出してるんですが…」というお店がある。
こちらも(通常は冷で飲む酒だと)わかっていて頼んでいるのに「この客、知らないんだなあ」って言い方されるとカチンと来ることもあって。
なので、臨機応変に対応してくれるお店は好きです。

極めつけは、土鍋ご飯。

この日いただいたのは「サンマの炊き込みご飯」でしたが、本当に旨い。

たっぷり4杯分くらいあったので、残りはおにぎりにしてもらいましたが
こんなおにぎり、売ってるといいなーってくらいおいしくて。
(酔っ払いにつき、写真ブレてますが…)

今度は違う味も食べてみたいです。

本日もランキングお願いします。
ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?564309

「煮炊屋 金菜」
目黒区青葉台1-27-12 f.studio 1F・2F
03-5725-9025
17:00~翌1:00 無休
お店のHP

炭焼きレタスのアンチョビクリーム700円、本日の茶碗蒸し500円、本日のクリームコロッケ800円、和牛ローストとインカのめざめの肉じゃが1000円、土鍋ご飯1200円~、生ビール600円、日本酒各種700円前後

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る