「目黒リパブリック」クラフトビールがキテマス!①

来年あたり、日本酒がぐーんとブレイクするのではとブログで書いていますが

それと同様、来年ブレイクしそうなのがクラフトビール。

いわゆる地ビールのことですが、近年、小さな醸造所のつくる国産ビールのバリエーションがぐっと増え、ビールの楽しみ方も広がっているんです。

そんな流れを受けてか、いま都内ではクラフトビールの専門店が増加中。

フードライターrieの食日記

目黒通り沿いに11月19日にオープンしたばかりの「目黒リパブリック」さん は、以前は「酣」というそば&バーだったお店。

経営は同じく、アズザグロウフライさん

私の大好きな恵比寿「ヴィンサント」など、センスのいいバーを多数展開している会社です。

フードライターrieの食日記

カウンターもおしゃれ。

売りは、日替わりで10種類をそろえる樽生ビール。

鮮度のいい状態で提供するため、冷蔵庫に保存した樽から直接注げるよう、タップを冷蔵庫に設置しています。

フードライターrieの食日記

冷蔵庫はこんな感じ。

なかでも、オリジナルの「目黒ビール」は、ここでしか飲めません!

フードライターrieの食日記

ビアバーってフードはどこも似たり寄ったりで、しかも高くておいしくないイメージがあるのですが

こちらは、500円程度のフードを中心に、65品程度もそろえているので、食事もしっかりとれるのがうれしい。

フードライターrieの食日記

餃子(6個500円)やラクレット、ソーセージなど、ビールと相性のいい料理が多いですね。

またフードでは、12月より18時~19時のハッピーアワー限定で、ピッツァ無料のブッフェも開催予定なんだとか。

ユニークなお店づくりで、話題を呼びそうですね!

次回もクラフトビールの新店をご紹介します!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る