「石はら」やっぱり素晴らしい♪

数年前に訪れて「ここはいい!」と一回で気に入ってしまった「石はら」さん。
1年前には仙川に2号店も出店され、こちらも盛況の様子。
本店は今年10周年のフェアをやっていることもあって、久しぶりに来店してきました。

これだけのそばのクオリティを保ちながら、そばのバリエーションや一品料理をここまで豊富に揃えているお店はなかなかありません。
価格も非常に良心的ですし、壁には「お料理はすべてハーフサイズできます」の文字が!
通常は厨房の負担を考えて対応していない店がほとんどですが、ひとりの飲酒客も多いそば店のような業種では、絶対に有効な売り方だと思っています。
こういうところも、長く愛される店の理由だなー。

フードライターrieの食日記
この日は4人で、おつまみ色々とおそばを。
季節のおすすめ料理だけでも、こんなにたくさん!どれもおいしそうで、かなり迷いました…。

フードライターrieの食日記
お料理は、どれを頼んでもはずれがありません!

お造り3点盛り1500円も、マグロがねっとりとして美味。そば店でこの品質はなかなか出合えません。

フードライターrieの食日記
桜エビのとろろ焼き650円と、穴子白焼き900円。
とろろ焼きは、お好みで土佐醤油をかけていただきます。和風チヂミのような味わい。

フードライターrieの食日記
天ぷら盛合せ1600円は、このボリューム!4人でよかった…。
ズッキーニやブロッコリー、エリンギなど、洋野菜もいろいろ入っていて楽しいです。
こうした「ちょっと新しい」加減でお客を飽きさせない点も、繁盛店の秘訣ですね。

フードライターrieの食日記
おそばは「しらすおろしせいろ」950円を。
大根おろしとわさび、しらすでさっぱり。

以前と比べて、どんどんいい方向に進化している石はらさん。
味を追求しつつ、地元客層に合わせて親しみやすさも工夫している、そのバランスが素晴らしいです。
改めて、本当にいいお店だな~と、松陰神社前の住民がうらやましくなりました。

とはいっても、家まで歩いたら30分くらいだったので、次回はウォーキングがてら寄りたいな!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る