「空いろ」新感覚の和菓子に抹茶味が登場!

最中といえば、スイーツファンでなくても知っている有名店「空也」。

連日売り切れてしまうので、幻の最中とも言われていますね。

その5代目である山口彦之さんが、

「海外や若者を視野に入れた、新時代の和菓子」をコンセプトに

新感覚の和菓子店として立ち上げたのが、「空いろ」。

和菓子屋の命であり、空也の自慢の「あん」にフォーカスを当て

あんを様々に仕立てた新しい和菓子を提案しています。

中でも有名なのは、あんをジャムに仕立てた「ほし」。

スプーン型のクッキーが付いた見た目もかわいく、ギフトにも最適です。

パンやクラッカーにのせて、あんの楽しみ方が広がります。

商品名はほかにも、どら焼きは「たいよう」、ようかんは「かぜ」など、

従来の和菓子の概念を変えるおしゃれなネーミング。

想像力をかきたてられる名前で、若者の興味をひいています。

フードライターrieの食日記

「つき」は、クッキーつぶあんをサンドしたお菓子。

この3月、新しく抹茶味がお目見えしました。

フードライターrieの食日記

袋を開けると、自然な抹茶の香りがふわっと漂います。

ほろほろっとくずれるようなクッキーは、塩気がきいていて

中のあんと相性ばっちり。

フードライターrieの食日記

小豆あんもおいしいけれど、ぜひ味わってほしいのは白あん。

繊細で上品な甘みに、和菓子店ならではの仕事を感じます。

また、「ほし」には季節限定で、

チョコレートや桜、ゆず、マンゴーやカシスといった

ユニークなフレーバーのあんが登場するのも楽しみ!

現在はエキュート品川、東京、有楽町ルミネの3店舗ですが

個人的にはもっと知名度が上がってもいいのにな…と思っています。

東京らしい手土産をお探しの方にも、おすすめですニコニコ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る