「紀文堂」老舗の人形焼き&ワッフル

この日は、またもや麻布十番で取材だったので、

おやつを買うため、久しぶりに「紀文堂」さんへ。

フードライターrieの食日記

初めて食べたのはまだ編集部にいた頃、

社カメさんに教えてもらったのがきっかけだったような。

創業は明治43年。

七福神人形焼、紀文せんべい、おかきあられ等を販売しています。

老舗と新店が混在するのが、麻布十番の魅力ですね。

フードライターrieの食日記
人形焼は、ユーモア感のある七福神。

これは誰でしょう~。

薄皮で、あんこたっぷりが嬉しい。

夕方には売り切れてしまうことも多いというワッフルは

朝イチだったので、焼きたてをいただきました。

新商品という「アンデスの塩 白あん」。

ネーミングに惹かれて買ってしまったけど、

甘いワッフル生地との組み合わせが面白い。

ふわふわ、だけどこしのある生地は、素朴な味わい。

お店の方(おそらく店主の奥様)の接客も、とても感じがいい。

こういうおやつが1つから買える店、貴重です。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る