「萬珍楼」中華街の高級中華

とある本の打ち合わせをかねて、横浜中華街にてランチ。

せっかくなので~と向かったのは、中華街の中でも一二の人気を誇る萬珍楼。
2800円のコースをいただいてきました。


コース内容はこんな感じ。


前菜は、ピリ辛のたれでいただく蒸し鶏。
軽い山椒の風味が爽やか。


牛肉とえのき茸のとろみスープ。
挽き肉とお豆腐たっぷりで、見た目以上にボリューミー。


イカのチリソースと、エビマヨ。
ここらですでにお腹いっぱい(笑)


点心2種。
どうせならひとつは蒸し餃子とかにしてくれればいいのに…と思ったり。
食感も味もイマイチで残念。


鴨となすの黒豆ソース煮は、ご飯がほしくなる甘辛風。


五穀米のオムレットご飯。
化学調味料不使用というのも納得のやさしい味わい。


杏仁豆腐は、ツルツルとした食感。
もっちり濃厚タイプが好みな私にはちと残念。

サービスも丁寧だし、空間も高級感があり、中華街で高評価なのは納得なのだけれど、やっぱり東京の人気店には到底及ばないと思ってしまった…

それだけ東京の(日本人シェフの)レベルが高くなっているということですよね。

日々お仕事でお世話になっている一流シェフの方々の料理は、素晴らしいなと再認識したのでした。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る