「豚バル380」閻魔鍋とは?

フードライターrieの食日記

㈱スパイスワークスさんの新業態「豚バル380」。

店名にあるように、フード、ドリンクすべて380円の均一業態です。

フードライターrieの食日記

場所は、東京駅八重洲口から徒歩5分ほどの路地裏。

店内には、今回の売りである「閻魔鍋」がどーんと鎮座。

白湯スープで塊肉や野菜を煮てから、「豚バラ煮込み」や「温野菜」などの一品料理として提供しています。

フードライターrieの食日記

ユニークなのは、「倍倍タパス」と名付けられた料理。

「トンテキ」や「ミルフィーユカツ」、「スペアリブ」などがあり、380円×2、3…で、ボリュームを増した肉料理が食べられるというもの。

これはグループ客にはいいですよね。

フードライターrieの食日記

こちらは熱々の鉄板で出す「もつ焼き」。

これも白湯スープで下味を漬けてから焼いているそう。380円にしては、すごいボリューム。

フードライターrieの食日記

〆にはこんなご飯ものも。

白湯スープでいただく「コラーゲン雑炊」です。豚の旨みが溶け込んだスープの活用法としてはアイデアですね。ラーメンもあったけど、それもおいしそう!

フードライターrieの食日記

そして、ドリンクも個性派ぞろい。

じわじわ来ている「生ワイン」をはじめ、サングリアには、セロリを入れた「サングリア ベジ」がお目見え。

フードライターrieの食日記

豊富にそろうシェリーがベースのサワーは、ハイボール人気に次ぐトレンドドリンクになるかも!?

スパイスワークス産の店は、相変わらずメディア受けするというか、面白い仕掛け満載で巧いなーと実感。

肉ブームにのって、ますます人気が出そうですね。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る