「銀笹」和食の職人が作る洗練のラーメン

フードライターrieの食日記
すっかりブログにUPしたものと思っていたら、実はUPしていなかった「銀笹」さん。
鯛茶漬けで有名な「銀座あさみ」出身の店主が作る、洗練されたラーメンで人気のお店です。

塩と醤油の2本柱ですが、人気は塩ラーメン。
魚介をきかせたスープと、カドのない塩気が抜群に合う!
塩ラーメンってどうしても塩辛くなりがちなんですが、ここのは本当にまろやかで旨みがたっぷり。

醤油ラーメンは、白醬油を使っているのが売り。
白醤油は和食では欠かせない調味料であることからも、和食からの発想が伺えます。
すっきり淡麗な醤油ラーメン、こちらもかなりのおいしさです。

トッピングの鯛つみれや、小皿で出される薬味などで味の変化が楽しめて、最後まで飽きずに食べられる工夫が施されているのが楽しいですね。

そして忘れてはいけないのが「鯛飯」。
これを食べなければ、ここに来た意味がないという名物料理。
もちろんスープを注いで、お茶漬け風に食べるのが銀笹スタイル。
お茶漬けよりも深みのあるスープで食べるのだから、おいしくないわけがありません。
これを300円で食べられるお店の経営努力に感謝ですラブラブ

銀座はもともと(家賃が高いせいもあり)ラーメン店が少なかったのですが、2010年にこの「銀笹」さん、濃厚どろ系つけ汁スタイルの「朧月」さん、つじ田出身の「いし井」さんなどが相次いで出店し、新ラーメン激戦区とも言われているようです。

あっさり系が好きな私としては、イチオシのお店です!

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る