「頑者@池袋」時代を築いたつけ麺の新店

フードライターrieの食日記
お買い物の途中、ランチは池袋にオープンした「頑者」さんへ。
本店には残念ながら行くチャンスがありませんでしたが、オットいわく「めちゃくちゃ美味かった」そう。
言わずと知れた「濃厚魚介豚骨つけ麺」の走りで、現在主流のつけ麺の流れをつくった有名店です。

濃厚魚介豚骨の代表選手といえばやはり「六厘舎」さんですが、六厘舎さんが動物系のしっかりしたボディのスープがベースなのに対し、頑者さんは魚介が多めなのかあっさりライトな味わいで、まったく違う印象を受けます。
そして、ゴワットした一般的なつけ麺とは違う、平打ちのツルツル&もちもち麺も特徴。
さすが製麺所発だけあって、麺はたしかにおいしい。

でも期待しすぎたからでしょうか…麺とスープ、具材がとてもアンバランスな印象でした。
とりわけ具は、臭みの残るチャーシューと、甘みが立ちすぎている味玉がザンネンでした。

とはいえ、センスと実力があるお店なのは間違いないはず。
次回は、淡麗系のつけ麺を食べてみたい~。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る