「魚哲」驚愕のCP!

またひとつ、近所に通いたい店を見つけてしまいました!

中目黒の魚介居酒屋「魚哲」さん。

店主は、人気の魚介居酒屋「魚真」さんで15年修行ののち、今年3月に独立されたそうで、魚の質に関しては申し分なし!

さらに、接客も素晴らしくて、本当においしくお酒を飲むことができました。

実はデジカメの充電が切れて、途中までしか撮れなかったのですが…

いただいたのは

・あら煮190円

・いくら醤油づけ490円

・お刺身盛り合わせ(2人前1800円)

生カツオ、〆サバとサワラ、サンマ、サワラ昆布締めとコハダ、アオヤギ

じつは貝類は苦手で、ほんとに新鮮じゃないと食べれないのですが…ピンとしてておいしかった!

〆ものも、絶妙の締め具合。サバはかなり浅めで、レアな感じ。

・エビかつ790円

・魚のだしのそうめん580円
フードライターrieの食日記

フードライターrieの食日記

お刺身盛り合わせは、1品ずつ出てくるスタイル。

こうやって出してくれる店は、高額寿司店以外にはあまりないかと思うのですが、これだと刺身が乾いたりぬるくなることなく、ゆっくりお酒と楽しめていいですよね。

お店にとっても、一気に何種類もさばく必要がないのでその分早く提供できると思いますし、もっとほかのお店も真似すればいいのにーと思ってしまった。

「苦手なものはありますか」と、注文時に聞いてくれたのもありがたい。

フードライターrieの食日記

また、こちらではお通しをとらず、代わりにさっと出せる低価格のメニューをそろえているのも素晴らしい。

食べたくもないお通しで、単価を確保する店結構ありますから。

たとえば、「あら煮」や「ちびツナ」、いわし梅煮」、「芝エビ唐揚げ」350円など。

あら煮(写真)は190円なのに、お野菜もたっぷりで満足感が高いです。

この日はほかにワカサギの唐揚げもあり、「よろしければ、芝エビとワカサギのハーフ&ハーフでもお持ちします」なんて提案も素晴らしい。

とにかく、本当に居心地がよくて感動してしまった。

吉祥寺にも住みたいけど、コロッセオ、トラスパレンテ、魚哲さんなど、やっぱりこの付近から離れがたいなと思ってしまった夜でした。

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る