「鮨からく」魅力は、お昼の丼だけにあらず!


銀座でおすすめのランチは、と聞かれた人に必ずおすすめするのが、鮨からくの漬け丼ランチ。

夜は1万円以上の高級店ですが、昼の丼はなんと1000円~。
しかも、銀座駅徒歩1分の好立地。


そんなからくさん、以前ブログでも紹介しましたが、近年はワインと江戸前寿司のペアリングで大人気。

柚子の香りをまとわせたスミイカは爽やかで、おぼろをかませたコハダはほんのりと甘味が加わり、複雑な余韻を残してくれます。

どれも確かに、ワインとも合わせたくなる味!

ほどよい酸味の固めのシャリ、仕事を施したタネが、ワインの酸味と絶妙に合うことは、体験してみると納得することばかり。

白、赤、ロゼなど様々なタイプがあり、ブドウ品種や産地の違いによっても全くタイプの異なるワインのの世界。
ご主人の言うとおり、日本酒よりも味の変化や広がり方が味わえるのかも、と感じるようになりました。


魚介に白、というイメージはあるものの、からくさんでは赤ワインとのマリアージュも積極的に提案。

醤油とは白より赤の方が相性がよいという話や、ネタそのものよりも味付けにより合わせるワインはいくらでも変えられる、という話に、寿司とワインのペアリングは今後もっと広がる可能性を秘めていると感じました。

早くお酒も解禁したいな~チュー

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る