「鮨太一」銀座で安定した人気を誇る本格鮨

産後、プライベートではなかなか足を運ぶ機会が減ってしまった銀座ですが、取材で素敵なお寿司屋さんに出会いました。

「鮨 太一」さん。

店主の石川さんは、目黒の名店「逸喜優」で修業を積み、銀座店で店長を務めたのち独立。

銀座で鮨、というと身構えてしまいますが、店主の人当たりがよく、一見さんでも心地よい時間を過ごせるお店です。

しかも、ランチも営業しているところが嬉しい。


ランチは、11巻貫に巻き物で5,000円。

写真は、穴子やコハダ、酢〆にしたカスゴ、1日半ねかせたマコガレイなど。

赤酢を使ったほどよい酸味のすし飯は、炊き加減も見事。口の中ではらりとほどけます。


夜は、おまかせ(15,000円~)のみ。

写真はおつまみの一例で、ふっくらと炊いたあん肝、北海シマエビの酒盗浸け、蒸しアワビ、タコのやわらか煮。

どれもひと手間かけてあり、お酒がすすむ味わいです。

2008年のオープン以来、激戦区の銀座で支持を得ているのは、確かな味もさることながら、コストパフォーマンスの高さも理由。

カウンター9席のみの店内で、夜のおまかせ15000円~というのは、銀座ではかなり良心的なお店かと思います。

今度は夜にゆっくり訪れてみたいですラブラブ

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップに戻る